賃貸物件の強み

賃貸物件の強みとは

賃貸物件の強み 持ち家と比べた時の賃貸物件の強みは、外壁や設備などが故障した場合など自分で修理を行わなくても良い点・毎年の固定資産税などを払う必要がない点・町内会にも深々と関わる必要がなく無理なく付き合える点などがあげられます。
持ち家ではなにかと目に見えない費用、しかも高額な費用が出ていく時期があります。長く住んでいればあちこち劣化してくる為、その費用は自分持ち。
しかし、賃貸の場合は家主などにその旨を伝え修理をしてもらう事ができ、その費用は家主負担となります。
例えば、給湯器が壊れてしまったという時でも、家主に連絡しなければならない手間はありますが、費用はかかりません。
これはその建物の将来的利益を生むもの、つまりその建物の所有者のものになるわけですので、借りているだけの人のものではありません。
そして生活していく上で支障が生じるものは家主が修繕する義務があります。
但し、自分が故意で壊してしまったものに関しては自分が負担となる事は当然の事ですので間違えないようにしましょう。
賃貸は毎月賃料を払っていくのでそれは目に見えて無駄な費用にも思えますが、その分、持ち家より実費で負担すべきものが少なく済みます。また、
気軽に引っ越せるのも利点です。

都内で賃貸物件選ぶ時のポイント

都内にもとてもたくさんの賃貸物件がありますから、住まいを設ける際には、どこの物件にしようか迷ってしまう人も多くいるでしょう。
予算であったり、間取りであったり、人によって色々とポイントはあるものですが、その中で、もう一つよくあるポイントが、立地です。
立地と言っても色々とあり、街の名前で決める人もいれば、街並みで決める人もいますが、駅からどのぐらいの距離か、と言う点に着目して物件選びをする人もいるでしょう。
なお、駅からの距離で物件選びをする時には注意が必要です。
例えば、東京23区内ですと、駅の数がとても多いですし、物件の数も多いですから、駅から1分、2分と言う近さは決して珍しくありません。
ですから、5分、6分でとても近いと思っても、慌てて決めずに、もっと近い所がないか調べてみるのも一つの手です。
ただし、あまり駅に近すぎると、電車の音がうるさかったり、人の出入りが多く、落ち着かないこともありますから、そのへんは気にしておきたいところです。
また、駅の近さだけに意識がいきすぎると、その他の周辺環境を見落とさないようにすることが大切です。とにかく駅に近ければ良いと言う人であれば問題ありませんが、住んでみてから、周辺にまともなお店がなくて困ることがないようにしたいものです。

高級賃貸情報サイトのおすすめリンク

東京都の賃貸デザイナーズマンションの情報館「エスアールホーム」のサイト

東京の高級賃貸検索